Pirika logo
JAVA,HTML5と化学のサイト

Pirika トップ・ページ

Pirikaで化学
 物性化学
 高分子化学
 化学工学
 分子軌道
 情報化学

 その他の化学
 アカデミア
 MOOC講義資料
 プログラミング

ハンセン溶解度パラメータ(HSP):
 HSP基礎
 HSP応用
 ポリマー
 バイオ・化粧品
 環境
 物性推算
 分析
 化粧品の処方設計
 その他
 自分でやってみよう

雑記帳

Ad Space for you

 

Ad Space for you

 

 

 

Last Update

20-Nov-2018

1999.1

化学工学Pressure Volume Temperature線図の作成

非常勤講師:山本博志 講義補助資料

 

 

水色のパネル両方に分子を描いて Calc. Mol Inf. ボタンを押して下さい。プログラムが沸点、臨界定数などを計算します。2成分のモル比を入れて Calc. PVT ボタンを押して下さい。PVT線図が表示されます。一本の線は等温線をあらわします。(一番右上の温度が800K, 次が750Kと50K刻み)赤い線は気相、黒い線は気相、液相が同時に存在する領域、黄色は液相を示しています。分子の描き方はこちらを参照して下さい animation1, animation2

古いJAVAアプレットはサポート外にします(2018.11)

下のJavaScriptのプログラムをお使いください。

 

この線図の作成には沸点、臨界定数の値が必要になります。必要であれば物性推算のページで計算したものを控えておいてお使いください。

このプログラムは最新のJAVAでは動かないようだ。そのうち書きなおそう。2012.10.23

化学工学のトップ・ページへ戻る