Pirika logo
JAVA,HTML5と化学のサイト

Pirika トップ・ページ

Pirikaで化学
 物性化学
 高分子化学
 化学工学
 分子軌道
 情報化学

 その他の化学
 アカデミア
 MOOC講義資料
 プログラミング

ハンセン溶解度パラメータ(HSP):
 HSP基礎
 HSP応用
 ポリマー
 バイオ・化粧品
 環境
 物性推算
 分析
 化粧品の処方設計
 その他
 自分でやってみよう

雑記帳

Ad Space for you

 

Ad Space for you

 

 

 

Last Update

27-May-2017

情報化学:熱力学データベースの矛盾

非常勤講師:山本博志 講義補助資料

 

自分はこれまでに物性研究者として様々なデータベースから熱力学データを収集し物性推算式を構築してきました。そうこうするうちにデータベースによって値がかなり大きく異なるという事態に困っています。

データベースとは様々な研究者が様々な実験条件で行った実験結果を集積するのが目的ですからすべての結果を羅列すれば良いと思います。

一方、物性推算の観点からすると推算したい物性値の真の値がばらついていたのでは非常に困ってしまいます。

インターネット上には様々なデータベースが存在しますがこうした矛盾点を集めたデータベースは存在しないようなので最近まとめたものを公開します。

ContradictionsData Base

Boiling Point 2001.6.3

Critical Temperature 2001.5.28

Critical Pressure 2001.5.28

Critical Volume 2001.5.28

Acentric Factor

Surface Tension 2001.6.3

Solubility Parameter 2001.6.3

Density 2001.6.9

データの出典は著作権の問題があるのであえて触れません。問い合わせて頂ければ個別に対応させていただきます。

他の物性値に関する矛盾を知りたい、ここに記載されていない矛盾を知っている、論文を知っている、などなどございましたら一報頂ければ幸いです。

 

情報化学のトップへ戻る

 

メールの書き方講座