Pirika logo
JAVA,HTML5と化学のサイト

Pirika トップ・ページ

Pirikaで化学
 物性化学
 高分子化学
 化学工学
 分子軌道
 情報化学

 その他の化学
 アカデミア
 MOOC講義資料
 プログラミング

ハンセン溶解度パラメータ(HSP):
 HSP基礎
 HSP応用
 ポリマー
 バイオ・化粧品
 環境
 物性推算
 分析
 化粧品の処方設計
 その他
 自分でやってみよう

雑記帳

Ad Space for you

 

Ad Space for you

 

 

 

Last Update

04-Jan-2019

情報化学:SOMによる動物の分類

非常勤講師:山本博志 講義補助資料 (2002年頃の記事)

 

SOMのJAVAアプレット(Java版は終了)

SOMのJavascript版 (2018.11)

リンクをクリックすると別画面でJavaScriptのアプレットが走ります。

試しに下の例題のnameから0までを全てをセレクト(Ctrl-A)してコピー(Ctrl-C)してテキストエリアにペースト(Ctrl+V)して下さい。そしてReadボタンを押してStartしてください。何か模様が出てきたら成功です。

参考文献:自己組織化マップの応用、多次元情報の2次元可視化 徳高平蔵、岸田悟、藤村喜九朗 著 KAIBUNDO

ブラウザーがJavaScriptをサポートしていて、プログラムが走れば下のような画面が出てくる(バージョンによって画面は異なる)。テキストアリアにデータをペーストしてReadボタンを押す。

何もでてこない場合にはJAVAがサポートされていない可能性が高いです。ブラウザーを変えてもダメでしたら諦めてください。(2011.11.26、サファリでは動作)

2012.1.10

JAVAのコピー&ペーストができないという問題が指摘された。これはjava.policyを書き換えればいいそうだ。Windowsを使っているなら、こちらの記事を参照してください。

Macでは、ライブラリー/JAVA/HOMEに行き、そこのsecurityのフォルダーのオーナーに自分を入れて、その中のjava.policyを書き換える。詳しくはこちらの記事を参照(英語)

grant {
permission java.awt.AWTPermission "accessClipboard";
};

自分は全部書き換えてしまった。 もとのファイルに付け加えれば良い。(自己責任でやってください!)

2013.2.9 MacでもJava PolicyToolが使えるそうだ。自分のホームディレクトリーに.java.policyを書き込めばシステムのSeculityをいじらなくても変更できる。SafariはローカルのJava Appletを走らせる事ができなくなった。MacのWeb共有を立ち上げて、ライブラリー/WebServer/Documents/にプログラムを置き、http://localhost/から呼び出せば良い。localhostではなくhttp://10.0.1.2/などと入れてしまいお気に入りに登録してしまうと、立ち上げ直した時などに番号が変わる事があり呼び出せなくなる。

ラジオボタンでラベルを選んでみて下さい。16種類の動物が分類されている事が判ると思います。その分類のされ方に注目してみて下さい。例えば虎とライオンは近いところにいるはずです。狐とオオカミも近くなっていませんか? あひると鴨というように近いところには似た動物が配置されているのが判ると思います。これが自己組織化です。やる度に配置は異なりますが全体の近いものは近い位置と言う関係は同じだと思います。動物の後の15個の数字が小 中 大 夜 2本足 4本足 毛 蹄 たてがみ 羽 縞 狩猟 走る 飛ぶ 泳ぐという動物を識別する項目をあらわしています。例えば鳩は小さく、二本足で羽を持っていて飛ぶ。各動物をこの15個の数字で表した時、似た数字の組はそばにくるようになります。こうしてできたマップに対して例えば鶴はどこにくるかを検討するのが自己組織化マップ(SOM)を用いた解析になります。体が大きく二本足で羽を持っていて飛ぶ。ですから鳩と馬、シマウマの中間ぐらいで鳩に近い位置にくるのでしょうか?

 

情報化学のトップへ戻る