Pirika logo
JAVA,HTML5と化学のサイト

Pirika トップ・ページ

Pirikaで化学
 物性化学
 高分子化学
 化学工学
 分子軌道
 情報化学

 その他の化学
 アカデミア
 MOOC講義資料
 プログラミング

ハンセン溶解度パラメータ(HSP):
 HSP基礎
 HSP応用
 ポリマー
 バイオ・化粧品
 環境
 物性推算
 分析
 化粧品の処方設計
 その他
 自分でやってみよう

雑記帳

Ad Space for you

 

Ad Space for you

 

 

 

Last Update

19-Nov-2018

情報化学:アゾベンゼンのpi->pi* 遷移(dE)推算

非常勤講師:山本博志 講義補助資料(1999年ごろの記事)

 

アゾベンゼンのpi->pi* 遷移(dE)をニューラル・ネットワークを用いて解析しました。そしてニューラルネットワーク法はPPP法と比べるとより精度が高く計算時間は圧倒的に早いという結果に成りました。

 

 

 

JAVAバージョンは終了しました。JavaScriptバージョンをお使いください。(2018.11)

プルダウンメニューから官能基を選んでください。

ブラウザーがJAVAをサポートしていて、運良く古いJAVAが走れば、以下のような画面が出てくる。

プルダウンメニューから官能基を選択すると瞬間でdEmaxを推算する。値をカラーバーと比べるとどんな色になっているか判る。上のような画面がでてこない場合、JAVAが動いていない可能性が高いです。ブラウザーを変えても(自分はMacを使っているが、FireFoxを使ったら動いた2011.11.15)ダメであったらJAVA版は諦めて頂きたい。要望が多ければHTML5版を作ります。

一つ一つの計算は非常に高速であることがお分かり頂けたと思います。しかも、ニューラルネットワーク法では下図に示すように非常に良好にpi->pi* 遷移の大きさを再現できている事がわかります。

 

それに比べPPP法では相関係数 0.97873 と余り高くありません。これは2,2' の位置の置換基同士の水素結合が評価されないためとされています。

手作業で欲しい色の化合物を設計するのは、いくら一つ一つの計算が早くても大変なことです。コンピュータに逆設計させましょう。

逆設計するには?

情報化学のトップへ戻る