Pirika logo
JAVA,HTML5と化学のサイト

Pirika トップ・ページ

Pirikaで化学
 物性化学
 高分子化学
 化学工学
 分子軌道
 情報化学

 その他の化学
 アカデミア
 MOOC講義資料
 プログラミング

ハンセン溶解度パラメータ(HSP):
 HSP基礎
 HSP応用
 ポリマー
 バイオ・化粧品
 環境
 物性推算
 分析
 化粧品の処方設計
 その他
 自分でやってみよう

雑記帳

Ad Space for you

 

Ad Space for you

 

 

 

Last Update

19-Oct-2014

ぴりかで化学:ケモ・インフォマティクス(情報化学)

もと非常勤講師:山本博志 講義補助資料

 

(Pirikaで公開しているようなことは大学できちんと学び、社会に出たらすぐに使いこなせないと会社に入ってから困ると思う。2012年も講義します。こんな解析ができる学生が欲しいんだとかいう会社側のご意見を頂けると幸いです。あるのは海外からの問い合わせばかり。)

インフォマティクスとは情報学の事です。ケモ・インフォマティクスは、もともとはバイオ・インフォマティクスに対する造語のようです。日本語にすると情報化学になるのでしょうか?

コンピュータに知識(情報)を与えるためには知識の集積であるデータベースが非常に重要になります。日本はIT(Information technology)を情報通信と訳しているぐらいでITに関しては欧米に大きく水をあけられています。このごろはITはInternet Tuusin と理解しているのかi-modeの利用者とブロードバンドの利用者が何千万人になったからIT先進国になったとかいう論調が見受けられます。Information(情報)はお洒落なレストランやブティックが携帯電話から見つかればそれ以上の情報はいらないのでしょうね。欧米の化学メーカーがIT革命に乗り遅れないように必死なのに較べると「ものづくりニッポン」は20世紀の過去の遺物になりつつあるような気がします。そうした認識の差から情報の集積であるデータベースに対する認識も日本はどんどんおいてきぼりを食らっています。商業ベースに強いアメリカのデータベース、東ドイツ(旧ソ連も?)も吸収して優秀な低賃金の研究者を取り込んだドイツのデータベース、人海戦術で伸びてきている中国のデータベース。日本は人件費は高いわ、優秀な研究者は化学をしないわ遅れて行く一方です。最近の経済産業省の方針ではアニメやTVゲームのような日本の強い分野をのばすのを奨励しているぐらいで化学なんて20世紀まででいいのでしょうね。でもアニメやTVゲームでも中国に勝てるのかな?何人が食って行かれるのかな?まー、難しい事はいいや。子育ての忙しい研究者には荷が重い。日本では顧みられないデータベースの問題点についてちょっとまとめてみたので物性研究をしている”日本語の読める”研究者(日本人である必要はありません)は覗いてみて下さい。欧米に水をあけられているのはDBやITだけではありません。コンピュータ・ケミストリーはずいぶん前から壊滅的な状況です。日本人の研究者が優秀でないからではありません。福井先生から諸熊先生などなど自分は専門外なのであまり良くは知らないですけど優秀な研究者は一杯います。(いるらしいです。)でもコンピュータ・ケミストリーを代表するようなGaussian,MOPAC,MM2からはじまりCashe,HyperChem,旧MSIプロダクツなどなどに席巻されて日本のコンピュータ・ケミストリーは単なるユーザーの地位に甘んじる状態になってしまいました。そういえばダイキンの開発していたMol-Graphだっけ、あれってどうなったのかなー。唯一国産の分子設計支援システムだったような?
メーカーとしては富士通が頑張っている。でも国産かといえば根元はすべて欧米に握られていてどうにも悔しい。まー、自分がCALTECHのGoddard教授のところに留学できたのも、もとはといえば教授の開発したBioGraf,PolyGrafをうちの会社が導入したのがきっかけなので余り文句も言えないといえば言えないのですが。情報学の立場からみるとこうした分子軌道の計算結果の情報も非常に有用な情報です。ab-initio計算はしんどいけど半経験的分子軌道法のMOPAC程度の計算はなくては済まされないところもあります。(個人ではとてもじゃないけど最近のMOPACは買えないので)商業化する前のMOPAC7やMOPAC6、できれば自作のCNDO/2ぐらいでなんとかなってくれればいいのになーと思いつつ分子軌道計算をやっています。ビューワーだってとてもじゃないけど買えません。全て自作のJAVAプログラムです。でもこんなのも使い方次第かもしれないと思う今日この頃です。

ここではニューラルネットワーク、遺伝的アルゴリズム、データベースなどを多用するPirikaのやり方を紹介していきます。

ハロメタンのNMR・ケミカルシフト 2014.08.01
物性推算式を構築する場合に、線形式にするか、非線形式にするか判断に迷う事がある。相関係数が高い式を良い式と考えたくなる事もあるが、よく考えて使おう。

 

有機化合物の水への溶解度 2013.9.24

化学の現象に、一般的な解析ソフトを使うとどんな結果になるかを解説しました。

 

アゾベンゼンの分子設計 99.3.24

例えばアゾベンゼン系の染料で赤い色を出したい場合にはどうしますか?片っ端から置換基を変えて分子軌道計算をしますか?置換基のつく位置は10か所あります。対称性を考慮すると減りますがそれでもすぐに数万種類のアゾベンゼンが考えられます。こうした問題に対しても情報化学を利用すればコンピュータが候補化合物を提案してくれます。

 

2001-2005の間は双子の子育てでものすごく忙しかった。しかし、子供が知識を獲得していく過程をつぶさに観察できたのは、コンピュータでニューラルネットワークを構築している自分にとっては非常に有益だった。その頃に書いたものです。古いものですが興味があればお読みください。

ニューラルネットワークは学習により知識を獲得します。 
ニューラルネットワークの基本。
ニューラルネットワークのメカニズム
ニューラルネットワークの問題点

データベースの問題点
コンピュータに知識を与えるためには知識の集積であるデータベースが非常に重要になります。

データベースがあやふやだと困る
データベースがあやふやだとどうして困るのか物性研究者の立場からまとめてみました。

遺伝的アルゴリズムの応用
ケモ・インフォマティクスの分類に入れていいかどうかは分からないのですが、遺伝的アルゴリズム(GA)は自分も多用します。ニューラルで推算してGAで逆設計するといった使い方です。 最新のJAVAでは動いていません。修正しますのでお待ちください。(2011.11.25)

自己組織化ニューラルネットワーク 
多次元ベクトルの2次元へのマッピング法。
動物の分類
黒曜石の産地

 

ぴりかで化学のトップページへ