Pirika logo
JAVA,HTML5と化学のサイト

Pirika トップ・ページ


HSPiP Hansen Solubility Parameter in Practice(HSPiP)HSP統合ソフトの本家HP

ハンセン溶解度パラメータ・ソフトウエアー(HSPiP)の購入方法とインストール

代理購入?
英語で諦めていませんか?HSPiPの代理購入なら映像工房クエスチョンへ。すぐにお見積りします。
(日本語ドキュメントサービス中)。Mail

ハンセン溶解度パラメータ(HSP)
 HSP基礎
 HSP応用
 ポリマー
 バイオ・化粧品
 環境
 物性推算
 分析
 化粧品の処方設計
 その他
 自分でやってみよう

Pirikaで化学
 物性化学
 高分子化学
 化学工学
 分子軌道
 情報化学
 その他の化学
 アカデミア
 DIY:自分でやろう
 プログラミング

雑記帳

Ad Space for you

 

Ad Space for you

 

Last Update
09-Jun-2017

HSPトップページ:HSP応用技術

2011.11.17

HSPiP Team Senior Developer, 非常勤講師 山本博志

 

HSPiPの概要 2012.1.22

Ver.4の販売に合わせ、HSPiPの概要の記事をアップしました。購入すると、どんな事ができるのか、概要を知りたい場合はこちらをお読みください。

HSPiP ver. 4から、パワーツールとしてHTML5のプログラムが付属します。どのような機能が追加されるか、開発中の機能にはどんなものがあるか? パワーツールのページヘお立ち寄りください

PowerToolは2017.5サポートが終了しました。機能がver.5に統合されたのがその理由です。今後のバージョンアップ、サポートはありませんのでご了承ください。

HSPと化学工学:HSPのデータベース構築と推算式の開発の紹介記事をアップしました。化学工学の中でのデータ処理、統計解析の必要性について、参考になればと思います。

マイクロ波を用いた加熱ハンセン溶解度パラメータ(HSP)とマイクロ波加熱:最近マイクロ波(MW)加熱が有機合成の分野でも利用され始めている。それでは、どんな化合物がマイクロ波をよく吸収するのか?を数値で表すことは出来るのだろうか?ハンセンの溶解度パラメータ(HSP)を使った方法を提案する。
鈴木カップリング反応、ノーベル賞おめでとう!!(何故ここに? それは知る人ぞ知る。)

オクタノール-水分配比率(logP,logKow)と溶解度パラメータ。ハンセン溶解度パラメータ(HSP)とオクタノール/水分配係数(logP, logKow):医薬品や界面活性剤、リポソーム、いろいろなところでlogPの値が使われている。生体脂質と水で化学品がどう分配するかを知る上で重要な指標だ。しかし、この値は、あくまでも比率で、100/100でも0.01/0.01でも同じ値になってしまう。分子設計が必要ならlogPに加え、ハンセンの溶解度パラメータ(HSP)を併用することの重要さを説明する

液液抽出液液抽出の溶媒が非極性であれば、分配係数は溶質と非極性溶媒のHSP距離で整理できそうである。しかし、抽出溶媒が、クロロホルム、ジエチルエーテル、オクタノールと極性を持ってくると、分配係数とHSP距離の相関はなくなる。クロマトグラフィーでカラムの極性が低いODS-カラムを用いた場合、ヘキサンを用いた液液抽出と同様で、クロマトの保持時間とHSP距離の間に相関が生まれる。

超臨界炭酸ガスとハンセン溶解度パラメータ(HSP):超臨界炭酸ガスに、ある温度、ある圧力で、ある化合物がどのくらい溶解するか?この問題に対して溶解度パラメータを使って検討を行った。通常はHSPが未知の溶質に対して、HSPが既知の溶媒への溶解度からHSPを決定するのだが、ここでは、各種の溶質のHSPを推算し、ScCO2への溶解度からScCO2のHSPを決定した。

対応状態原理とハンセン溶解度パラメータ(HSP):対応状態原理(Law of Corresponding State)を使うと様々な熱力学物性を化合物に特有のパラメータを使うこと無く推算できる。何故それが可能になるかというと、臨界点(臨界温度、臨界圧力、臨界体積)を使った還元値を使うと推算式がこの還元値だけで表すことができるためだ。HSPも同様で、HSPベクトルを比較できるのは、HSPの原点は蒸発潜熱がゼロになる臨界点であるからに違いない。

 

電子書籍の要約版(マックによる機械要約)

Chapter 11 Let‟s make this perfectly clear ... (Formulating clear automotive lacquers)
e-Book: 第11章 完全に透明な被覆を作ろう。

 イソシアネートとポリオールから透明なポリウレタンを作ろうとすると、ポリマー化の際にHSPが極端に変わってくる。そのような系では試行錯誤でコーティング液を作るのは至難の業である。

Chapter 20 Cleaning by numbers (HSP for Surfactants)
e-Book: 第20章 指標による洗浄

 界面活性剤はものすごくたくさんの種類があり、選択するのが大変だ。そこでHLB、アニリン数、KB値などの多くの指標がある。しかしあまり科学的とは言えない。そこでHSPとHLBの関係を示し、洗浄の指標を示す。

Chapter 22 Noses artificial and natural (HSP for Sensors Both Artificial and Live)
e-Book: 第22章 人工の鼻、自然の鼻

 においという感覚は未だにミステリーに満ちている。しかしこの分野にもHSPは重要な役割を果たしていると示され始めている。

Chapter 29 Predictions (Many Physical Properties are Correlated with HSP)
e-Book: 第19章 予測

このモデラーは2つの化合物をSmilesの式で入力する事によって、多くの重要な物性値を比較する事ができる。

 

メールの書き方講座