Pirika logo
JAVA,HTML5と化学のサイト

Pirika トップ・ページ


HSPiP Hansen Solubility Parameter in Practice(HSPiP)HSP統合ソフトの本家HP

ハンセン溶解度パラメータ・ソフトウエアー(HSPiP)の購入方法とインストール

代理購入?
英語で諦めていませんか?HSPiPの代理購入なら映像工房クエスチョンへ。すぐにお見積りします。
(日本語ドキュメントサービス中)。Mail

ハンセン溶解度パラメータ(HSP)
 HSP基礎
 HSP応用
 ポリマー
 バイオ・化粧品
 環境
 物性推算
 分析
 化粧品の処方設計
 その他
 自分でやってみよう

Pirikaで化学
 物性化学
 高分子化学
 化学工学
 分子軌道
 情報化学
 その他の化学
 アカデミア
 DIY:自分でやろう
 プログラミング

雑記帳

Ad Space for you

 

Ad Space for you

 

Last Update
09-Jun-2017

HSPトップページ:その他、無機物

2011.11.17

HSPiP Team Senior Developer, 非常勤講師 山本博志

 

HSPiPの概要 2012.1.22

Ver.4の販売に合わせ、HSPiPの概要の記事をアップしました。購入すると、どんな事ができるのか、概要を知りたい場合はこちらをお読みください。

HSPiP ver. 4から、パワーツールとしてHTML5のプログラムが付属します。どのような機能が追加されるか、開発中の機能にはどんなものがあるか? パワーツールのページヘお立ち寄りください

PowerToolは2017.5サポートが終了しました。機能がver.5に統合されたのがその理由です。今後のバージョンアップ、サポートはありませんのでご了承ください。

自己組織化ニューラルネットワーク(SOM): 多次元ベクトルを2次元にマッピングする技術。似たベクトルは似た位置にマッピングされる。将来、Sphereプログラムのように、HSPベクトルと付随する情報からマッピングできるように改良が行われている。


ハンセン溶解度パラメータ(HSP)とグラフェングラフェンやカーボンナノチューブは溶解というよりは分散しているのだろう。どんな溶媒に分散しやすいか? それはHSPが似た溶媒に分散しやすいのだろう。また、そうしたカーボンファミリーを分散しやすいポリマーは、同じくHSPが似ているのだろうノーベル賞受賞!! おめでとう!


TiO2化粧品用の酸化チタンの表面修飾とハンセン溶解度パラメータ(HSP):顔料などの無機物をHSPで扱う時の基本的な方法をTiO2系顔料で説明する。顔料は溶媒中に入れても溶解もしないし、膨潤もしない。そのような時には、例えば懸濁安定性で溶媒を2つのカテゴリーに分け、Sphereプログラムを使いHSPを決定する。表面修飾のやり方によってHSPがどう変化し、懸濁安定性がどうなるか理解する。

dH(水素結合項)の分割ハンセンの溶解度パラメータ(HSP)の問題点として、ドナー性/アクセプター性の顔料などの分散性がHSPでは合わないといった指摘がある。HSPiPのV.3.1.xからは水素結合項をドナーとアクセプターに分割した値もサポートされたが、HSP距離の考え方、ハンセンの溶解球の考え方は拡張できずにいる。今後の課題だ。
顔料の分散性は水素結合項をドナー/アクセプターに分割する方法が有効だ。

 

電子書籍の要約版(マックによる機械要約)

Chapter 4 Coming clean (Finding Good Solvents)
e-Book: 第4章 きれいになる。

 インクやペンキに使われる揮発油は健康上問題があり、代替の探索がデンマークでは必須である。そこでインクを構成するポリマーや顔料が溶媒とどのような相互作用をするかHSPで調べ、代替物の開発が非常に加速された。

Chapter 8 Shades of Black (Designed Partial Compatibility - Bitumen)
e-Book: 第8章 黒い陰

 アスファルトは現代の生活になくてはならないものだ。このアスファルトはポリマーと混合されて高機能な道路用の被覆剤になる。これをHSPを使って解析する。

Chapter 9 Insoluble solubility parameters (HSP for Pigment Surfaces)
e-Book: 第9章 溶けない溶解度パラメータ

 顔料はもともと溶けないので溶解度パラメータとは無縁と思うかもしれない。しかし、顔料を溶媒に入れたときに細かく分散する場合と底に沈殿する場合がある。顔料のバインダーのHSPとしてはよく分散する溶媒と同じHSPのものを用いた方が良い。

Chapter 27 Going nano (HSP Characterizations of Nanoparticles)
e-Book: 第27章 ナノ最前線

 顔料やアスファルトのところで述べたように、カーボンブラック、などをHSPを使って解析してきた。同じようにCNT、C60なども見ていこう。

 

メールの書き方講座