Pirika logo
JAVA,HTML5と化学のサイト

Pirika トップ・ページ

Pirikaで化学
 物性化学
 高分子化学
 化学工学
 分子軌道
 情報化学

 その他の化学
 アカデミア
 MOOC講義資料
 プログラミング

ハンセン溶解度パラメータ(HSP):
 HSP基礎
 HSP応用
 ポリマー
 バイオ・化粧品
 環境
 物性推算
 分析
 化粧品の処方設計
 その他
 自分でやってみよう

雑記帳

Ad Space for you

 

Ad Space for you

 

 

 

Last Update

27-May-2017

分子軌道:振動ビューワーの使い方

非常勤講師:山本博志 講義補助資料

 

プログラムを立ち上げますとこのような画面が出てきます。ラジオボタンでMOPACとGaussianが切り替えられるようになっていますがGaussianのルーチンはまだできていません。将来はGamessの振動も表示できるようにしたいと考えています。

 

まず最初に分子の構造をコピーします。これは適当なエディターで分子の振動計算に使った(最適化が終了した後の)構造の部分だけを選択しメニューからコピーするかcommand-Cでコピーします。

 

ビューワーの上のテキストエリアにその分子構造をペーストします。まず、マウスで上のテキストエリアを一回クリックします。入力カソールが点滅したらそこでペーストを行って下さい。ブラウザーによってはブラウザーのメニューのペーストが使えない状態になっていることがあります。その場合はキーボードからcommand-Vでペーストします。Windowsユーザーの方は対応するペーストのキーボード操作を行って下さい。

 

次にMOPACのアウトプットファイルから振動解析の結果を探してきます。遷移状態を探索した後に振動解析をしたのであればここに示すように最初の一個の振動だけ負(虚)の振動があります。MOPAC7とMOPAC97で出力の形式がちょっと違いますが、波長の部分と一行空白、そして振動データになっていれば読み込むことができます。一度にはこの場合ですと8波長分しか読み込めません。他の波長の振動を見たい場合にはもう一度繰り返して下さい。

 

そして振動のデータを下のテキストエリアにペーストします。そしてReadボタンを押すと分子の構造と振動データを読み込みます。

 

正しく読み込まれると分子が表示され、右側にパネルが現れます。ここで試しにAnimate onボタンを押してみて下さい。この例では-337.4cm-1に相当する振動がアニメーション表示されます。これは遷移状態を計算したものですのでこの振動が反応の原系から生成系に向かっていれば正しい遷移状態が求まったと言えます。マウスを押したまま上下、左右にドラッグして下さい。分子が回転します。一番見やすい位置で振動のアニメーションを見て下さい。Magのテキストフィールドに2とあります。これは振動の大きさを制御します。大きく動かしたい時には大きな値を入れてみて下さい。Divのテキストフィールドには50とあります。これはアニメーションをどれだけ細かく動かすかを制御しています。滑らかに動かしたい時には大きな値を入れて下さい。後はラジオボタンでどの振動を見るかを選択して下さい。

 

B&Sを選択するとBall&Stickモデルで振動を見ることができます。

質問、こんなふうに改造したらという提案、バグ情報などありましたらご一報頂けると励みになります。特にWindowsのマシンではいっさい動作チェックを行っていません。どんな条件だと動いた、動かなかったの情報をいただけると助かります。

実際に計算してみる

Last Update 2003.10.18

トップページ
遷移状態データベース
分子の編集
 使い方1
 使い方2
 使い方3
振動のチェック
 使い方
MOPAC計算のトラブル
活性化エネルギーの計算
PM3の計算精度
Ab initioの計算精度
MCシミュレーション
ポリマーの物性推算
参考書

 

分子軌道のトップページへ戻る。

 

メールの書き方講座