Pirika logo
JAVA,HTML5と化学のサイト

Pirika トップ・ページ

Pirikaで化学
 物性化学
 高分子化学
 化学工学
 分子軌道
 情報化学

 その他の化学
 アカデミア
 MOOC講義資料
 プログラミング

ハンセン溶解度パラメータ(HSP):
 HSP基礎
 HSP応用
 ポリマー
 バイオ・化粧品
 環境
 物性推算
 分析
 化粧品の処方設計
 その他
 自分でやってみよう

雑記帳

Ad Space for you

 

Ad Space for you

 

 

 

Last Update

27-May-2017

分子軌道:振動ライブラリーの使い方3

非常勤講師:山本博志 講義補助資料

 

置換機操作や原子の種類を変えるだけでは作れない構造もあります。例えばシクロヘキセンの構造を作るにはどうしたらいいでしょうか? その場合だいたいの形を作ってMMを使って形を整えます。ここではシクロヘキセンの遷移状態に近い構造を遷移状態データベースの基本骨格から作る手順を紹介します。まずラジカルとしてAN、モノマーとしてVCを選んでSearchボタンを押します。

このような遷移状態の構造が読み込まれたと思います。ここでMain MenuからBuild Molを選びます。そして塩素をCH3に変えます。同様に塩素の側の水素をCH3に変えます。もう一度づつCH3に変えるとこのような構造が出来上がります。

リターンキーで戻ってMain MenuからEdit Atom Bondを選んでさらにErase Atomsを選びます。そして消去する原子に赤丸をつけておいて、

OKボタンを押します。

そしてメニューからMakeBondを選んで二つの炭素をつなぎます。ついでにANからシクロヘキセンへも結合を作っておきます。

このように強引に作った構造なので水素と水素がほとんどくっついた状態になります。そしてReturnボタンで戻り次はMainMenuからCleanを選択します。

UnitCyclesを100から1000に変えます。次にMM計算に含めない原子を選択して行きます。この場合遷移状態のラジカルのヘッドの部分とモノマーの2重結合の部分は計算から除外します。そしてcalcボタンを押します。

何回かCalcボタンを押すとすぐにそれ以上構造やエネルギーが変化しなくなります。そのときには先ほどの水素や炭素はちゃんと離れているのが判ると思います。このように遷移状態の部分はそのままに、残りの部分はMMで構造を最適化してあると遷移状態の計算は非常に早く終了します。

 

ついでにPart Moveの使い方を説明しておきます。

メニューからChange Torsional Angleを選び4つの原子を指定します。この4つのうち内側2つの原子で挟まれた結合を中心に3-4原子に結合している原子すべてが回転します。その際にはShiftキーを押しながらドラッグします。

振動解析で虚の振動が2個現れたときなどにその振動にそって原子団を動かしたりするときに使います。

最後にGetStrucボタンで構造を取り出しMOPAC計算を行います。

しかしこのWebバージョンではGetStructボタンは無効になっています。

トップページ
遷移状態データベース
分子の編集
 使い方1
 使い方2
 使い方3
振動のチェック
 使い方
MOPAC計算のトラブル
活性化エネルギーの計算
PM3の計算精度
Ab initioの計算精度
MCシミュレーション
ポリマーの物性推算
参考書

 

分子軌道のトップページへ戻る。

 

メールの書き方講座