Pirika logo
JAVA,HTML5と化学のサイト

Pirika トップ・ページ

Pirikaで化学
 物性化学
 高分子化学
 化学工学
 分子軌道
 情報化学

 その他の化学
 アカデミア
 MOOC講義資料
 プログラミング

ハンセン溶解度パラメータ(HSP):
 HSP基礎
 HSP応用
 ポリマー
 バイオ・化粧品
 環境
 物性推算
 分析
 化粧品の処方設計
 その他
 自分でやってみよう

雑記帳

Ad Space for you

 

Ad Space for you

 

 

 

Last Update

27-May-2017

高分子化学:ラジカル共重合、(重合シミュレーションの例)

非常勤講師:山本博志 講義補助資料

 

人工の高分子は分子量に分布を持つ事、シーケンスが一定でないことなどが生体高分子との大きな違いです。

もしあなたが接着力を強化するためにポリマー中にエポキシ環を導入しようと考えたとします。ポリマー中に均一に導入したいか、ブロックに導入したいか、ランダムに導入したいか? モノマーとしてはどんな選択があり得るか? Glycidyl methacrylate, Allyl Glycidyl ether, Glycidyl acrylateの3種類のエポキシ含有モノマーで試してみて下さい。ポリマーへの入り方は異なるはずです。シミュレーターはこちらから

そうしたシーケンスの違いによるポリマーの物性値の違いは、修正Gibbs-Dimarzio式を使います。こちらの記事を参照してください。

こうしたシーケンスの違いは実際にはNMRで決定できます。

シミュレーションは容易にDiad%や triad %を得る事ができ、NMRの結果と比較検討ができます。

 

ポリマーは分子量分布を持ちます。モノマーが1000個以上重合した長い鎖と10個以下のオリゴマーとの混合物がポリマーです。GPC(gel permeation chromatography) によってこうした大きな鎖と小さな鎖を分ける事ができます。こうした鎖の長さの分布は開始剤の濃度、モノマーの濃度、反応温度、溶媒の種類や連鎖移動剤の種類によって決まってきます。

ポリマーの分子量分布

Poseidonを使ってGPCのシミュレーションをする場合にはこちらを参照してください。

 

高分子化学トップページへ

 

メールの書き方講座