Pirika logo
JAVA,HTML5と化学のサイト

Pirika トップ・ページ

Pirikaで化学
 物性化学
 高分子化学
 化学工学
 分子軌道
 情報化学

 その他の化学
 アカデミア
 MOOC講義資料
 プログラミング

ハンセン溶解度パラメータ(HSP):
 HSP基礎
 HSP応用
 ポリマー
 バイオ・化粧品
 環境
 物性推算
 分析
 化粧品の処方設計
 その他
 自分でやってみよう

雑記帳

Ad Space for you

 

Ad Space for you

 

 

 

Last Update

28-Aug-2018

高分子化学:Qe 値の推算

非常勤講師:山本博志 講義補助資料

 

ニューラルネットワークを用いて Alfrey-Price の Q-e値を推算する式を構築しました。これはモノマーをMOPAC PM3で分子軌道計算をしてその計算結果を用いてQ-e値を推算します。推算の精度は下図に示すようになりました。

このニューラルネットワークを用いるとQ-e値が未知のモノマーでもMOPACで計算するだけでQ-e値を得る事ができます。またその値から重合シミュレーターを動かす事ができます。

CNDO/2の計算でのモノマーの計算も試してみてください。

高分子化学トップページへ

 

メールの書き方講座