Pirika logo
JAVA,HTML5と化学のサイト

Pirika トップ・ページ

Pirikaで化学
 物性化学
 高分子化学
 化学工学
 分子軌道
 情報化学

 その他の化学
 アカデミア
 MOOC講義資料
 プログラミング

ハンセン溶解度パラメータ(HSP):
 HSP基礎
 HSP応用
 ポリマー
 バイオ・化粧品
 環境
 物性推算
 分析
 化粧品の処方設計
 その他
 自分でやってみよう

雑記帳

Ad Space for you

 

Ad Space for you

 

 

 

Last Update

28-Aug-2018

高分子化学:ポリマー物性の推算

非常勤講師:山本博志 講義補助資料

 

ポリマーを構成する原子団を選んで下さい。側鎖の原子団はプルダウンメニューから選んで下さい。準備ができたらCalc.ボタンを押して下さい。

運良く古いJAVAが動くようであれば(2011.11.23 MacのSafariブラウザーでは動作する)下のような画面が現れる。官能基の数を入れ、Calcボタンを押すとポリマーの物性を推算する。Main Chainの下にある物性は一般物性。左の方にある物性は結晶部分(Crystalline)と非晶質(Amorphous)で物性の異なる物を示している。

推算する高分子物性は、

Van del Waals Volume :ファンデルワールス体積
Specific heat (Solid) :比熱(固体)
Specific heat (Liquid) :比熱(液体)
Specific entropy of Fusion:融解エントロピー
Crystalline melting temp. :結晶融解温度
Glass Transition Temp. :ガラス転移点
(Crystalline Amorphous) :結晶部、非晶部の
Volume :体積
Density :密度
Cohesive Energy Density :凝集エネルギー密度
Solubility Parameter :溶解度パラメータ、SP値
Surface tension :表面張力
Refractive Index :屈折率
Dielectric Constant :誘電率

Side Chain(側鎖)には次のような官能基が定義されている。

 

 

こうしたポリマーがどんな溶媒に溶解するか? 重合溶媒はどんなものが良いか? 再沈溶媒はどんなものが良いか? それに関してはHansenの溶解度パラメータの記事を参照してください。Small法Fedors法ニューラルネットワーク法による溶解度パラメータ(SP値)推算は熱物性推算のページで解説します。

ポリマーの固有粘度についてはこちらの記事を参照してください。共重合体のポリマーの物性値を計算するにはこちらを参照してください。

分子のお絵かきをして物性値を得るGUI版はこちらを参照してください。評価が高ければこちらに統合しようかと思います。

参考文献

D.W. VAN KREVELEN
Properties of Polymers
ELSEVIER ISBN 0-444-88160-3

高分子化学トップページへ

 

メールの書き方講座