Pirika logo
JAVA,HTML5と化学のサイト

Pirika トップ・ページ


HSPiP Hansen Solubility Parameter in Practice(HSPiP)HSP統合ソフトの本家HP

ハンセン溶解度パラメータ・ソフトウエアー(HSPiP)の購入方法とインストール

代理購入?
英語で諦めていませんか?HSPiPの代理購入なら映像工房クエスチョンへ。すぐにお見積りします。
(日本語ドキュメントサービス中)。Mail

ハンセン溶解度パラメータ(HSP)
 HSP基礎
 HSP応用
 ポリマー
 バイオ・化粧品
 環境
 物性推算
 分析
 化粧品の処方設計
 その他
 自分でやってみよう

Pirikaで化学
 物性化学
 高分子化学
 化学工学
 分子軌道
 情報化学
 その他の化学
 アカデミア
 DIY:自分でやろう
 プログラミング

雑記帳

Ad Space for you

 

Ad Space for you

 

Last Update
27-May-2017

アプリケーション・ノート#23
HSP基礎:HSPiPのデータベース:Ver.2 からVer.3で、データベースに搭載の物性値の種類、搭載件数がどう変わったかを示しておく。ここで収録件数が多い物性値については徐々に推算精度も向上していっている。また、ここに無い物性値を扱いたいならHSPiPは不適切だ。購入前の参考にしていただきたい

2010.3.21

HSPiP Team Senior Developer, 非常勤講師 山本博志

 

HSPiPのversion 2では、およそ1200化合物から物性推算の推算式を構築した。V.3のHSPiPには10,000近くの化合物が登録されている。

HSPiP(Hansen Solubility Parameters in Practice)

HSPを効率的に扱えるように、ハンセン先生とアボット先生がHSPiPというWindows用のソフトウエアー、データベース、電子書籍の統合パッケージを開発されました。これを使うと溶解性に関する様々な疑問に答えてくれます。もちろん材料設計は溶解性だけで決まるほど単純ではありません。そこで、Y-MBという分子を自動的に分割し、様々な物性を推算する機能が付け加えられました。Y-MBはver.4 からはY-Predictというパワーツールとしても提供されています。

概要についてはこちらをお読みください。(2013.1.22)
機能についてはWhat Newをお読みください。
自分が使いたい化合物が計算できるかは使用できる官能基のリストで確認ください。
HSPiPの購入とインストール方法をまとめてあります。
他の会社はどんな使い方をしているのか? 特許をまとめてみました

化合物の増加に伴い、官能基の定義をV2から一部変更した。(V3.0.xからV.3.1.xでは官能基の定義に変更はない。)

  V2 V3
HSP 1211 1512
Volume 1210 2567
Boiling Point 1001 6938
Density 966 8010
Melting Point 921 7034
Refractive Index 845 8368
Surface Tension 647 2037
Dipole moment 613 1849
Hildebrand SP 650 2103
Heat of Vaporization 421 1207
Dielectric Constant 540 1399
Heat of Fusion 536 1395
Antoine constant 674 5359
Critical temperature 490 1354
Critical Pressure 472 1297
Critical Volume 395 1036
logP 801 5655
Solubility to Water 740 4426
Reactivity of OH radical 380 708
MIR 309 602
Flash Point 856 5247
Heat of Formation 1185 2637
Bio Concentration Factor 638
LogKoc 595
Henrry constant 684
Thermal Expansion   572

他の物性に興味が有る場合にはご連絡いただきたい。(V.3.1.xでは、ユーザーの求めに従ってRERのデータが付け加わった。)

対応するブラウザーをお使いなら、上のキャンバスに分子を描けばRERを得る事ができる。詳しい使い方はPowerToolsのSmilesを参照して頂きたい。 他の原子を使いたいという要望が多ければ考えます。

V3.1.Xではデータ数には大きな変更は無かった。ポリマー関連のデータ収集と気液平衡関連の2成分系のデータ収集が現在精力的に行われている。

 

一度、物性推算式が構築されると、推算値も含めた分子の探索を大きなDBに対して行うことができる。

例えばFind Moleculesのメニューで、アレルゲンのHSPを入れて探索を行うと、Ver.2では3化合物しか出てこないが、V3では44化合物Hitする。

ここでは、他のオプションとして、沸点の範囲や、官能基の種類や数を指定できる。

2012.8.3

HSPと化学工学という記事をアップしました。どうデータを集め、どう解析しているのかを紹介しています。

 

HSP基礎トップページへ戻る。

HSPユーザー・フォーラム、トップページへ戻る

 

メールの書き方講座