pirika logo

Home 化学 HSP 情報化学+教育 PirikaClub Misc.
化学トップ 物性化学 高分子 化学工学 その他

ピリカで化学工学

2000.8.13

非常勤講師:山本博志 講義補助資料

実験データのWilson ラージλへのフィティング

ASOGにiを入れよう、AiSOGプロジェクトに統合します。

JAVA版は利用できません。(2020.2.9)

液相組成のmol%, 気相のmol%とその時の温度を入れて下さい。計算には Antoine定数が必要になります。準備ができたらcalc.ボタンを押して下さい。

例は Acetone-Benzene の場合です。

ブラウザーがJAVAをサポートしていて、運良く古いJAVAが走れば、以下のような画面が出てくる。 一番目と2番目の化合物のAntoine定数を入力する。そしてMol1の液相、気相の%と沸点を入力し、Calc Wilson large Rammdaボタンを押す。値のない所には-1を入れる。

上のような画面がでてこない場合、JAVAが動いていない可能性が高いです。ブラウザーを変えても(自分はMacを使っているが、FireFoxを使ったら動いた。2011.11.15)ダメであったら諦めて欲しい。需要が多ければHTML5を使って書き直します。

ここで求まったパラメータを控えておけば、沸点、露点 のチャート, X-Y 線図, 活量係数のチャートでチャートを描くことができる。


Copyright pirika.com since 1999-
Mail: yamahiroXpirika.com (Xを@に置き換えてください) メールの件名は[pirka]で始めてください。