pirika logo

Home 化学 HSP 情報化学+教育 Pirika Club Misc.
HSPトップ HSPiP 購入方法 解析例 HSP Club

HSP-Club

2020.4.4

HSPiP Team Senior Developer, 非常勤講師 山本博志

HSP関連、新着情報

登録されたメールアドレスは、「メジャーアップグレードなどの時の連絡以外には使わない」というのが先生のポリシーです。
しかし、中には講習会や勉強会の案内が欲しいと言うユーザーもおられます。

SNS対応

HSP Clubでは、SNSサービスを利用した案内も始めています。

HSP関連の
* Webページの更新
* 勉強会・講習会情報

はTwitterで#HSP_Pirika(yamahiro-pirika@PirikaYamahiro)でつぶやくことにしました。

HSP勉強会

これまでに、3回ほど、横浜国大を中心にした勉強会を行ってきました。

しばらくは、情報化学教育の方で、HSPも含めた形でZOOM授業を行います。
そこで、HSPに特化した形の勉強会はお休みします。

HSP講習会

現在、HSPiPのver.5.3に搭載されている、How to use (文章のみで約100ページ)の翻訳が終了しました。

この日本語マニュアルを使って、HSPiPのハンズ・オン講習会をオンラインで開催する予定です。
* 古いマニュアルしか持っていない。
* 英語のマニュアルしか持っていない。
* 非常に限られた機能しか使っていないかもしれない。
* オンラインで、先生が行った操作を見ながら、実際に自分でHSPiPを動かして理解したい。
そうした、主に企業の方を対象にした有償の講習会です。(かなり初心者向けです)

チケット制で、2時間の講習会チケット3回分で5万円を予定しています。
参加者には日本語版ver.5.3How to use マニュアルを講義資料として配布いたします。

講習会内容(案)

  1. 初心者のためのHSPiP基礎、ソフトウエアー概要
  2. Sphere(ハンセンの溶解球)探索+溶媒最適化機能
  3. ポリマー関係+YMBの基礎
  4. DIY機能+QSARの基礎
  5. ポリマー関係+QSARの基礎
  6. データベースとYMBの基礎

などから興味のある3つを選択して頂きます。

ハンズ・オンの形式を取るため、この講習会に参加できるのは、HSPiP購入時に登録を頂いたユーザーさまと、コーポレート・ライセンス、CLI・ライセンスを導入された団体の関係者のみとさせて頂きます。
アカデミアや既にver5.3のマニュアルをお持ちの方などは別途相談させて下さい。
ハンズ・オンの性格上、1回あたりの参加者は少人数に限定させて頂きます。

1組織で5名以上の参加者がある場合には、貸し切りの会議室を用意いたします。

参加希望者は
* 1-6、どの3つに参加したいか?
* 曜日や時間帯などの希望は?
* ZOOMが良いかTeamsが良いか?
* その他、要望事項
を連絡ください。

ただし、余りにニーズが無いようでしたら取りやめます。

只今の参加希望者1名(2020.9.15)

その他の講習会(中級者用、上級者用、テーマ別)のご要望がありましたらメールを頂ければと思います。

自分の研究にHSPが使えるか?

それは、解析例をよく読み、似たような研究が無いかを調べることから始まります。
解析例には無いけど、こんな論文、こんな特許があるのだけど、HSPやYMBを使ったら、どんな解析結果になるのか知りたい。(その結果次第でHSPiPの導入を考えたい。)
解析例は、海外の方からの、そんな問い合わせをベースに作ったものも多数あります。

論文・特許作成の手助けが欲しい。(公開までは秘密にして欲しい。)

アカデミアに対しては、実際にもう動いています。 お気軽にお問い合わせください。

大学などでの集中講義、学会などでの講演のご希望がございましたら問い合わせください。

HSPコンサルティング

2020.8.29
コンサルの受付を一旦終了しました。
思った以上にニーズがあり、また、初めてなので負荷量も予測できないからです。
慣れてきて、負荷を増やせるようになったら、また案内させていただきます。

10月中頃には1つ終了予定です。


Copyright pirika.com since 1999-
Mail: yamahiroXpirika.com (Xを@に置き換えてください) メールの件名は[pirka]で始めてください。